ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
2016年11月15日 12時30分 UPDATE

JBL、harman/kardonブランドも:Samsung、Harman Internationalを80億ドルで買収──自動車IT参入へ

Samsungが、コネクテッドカー市場で大きなシェアを持つ米音響機器メーカーHarman Internationalを80億ドルで買収すると発表した。「Android Auto」のGoogleや「Car Play」のAppleに続いて自動車IT市場に参入する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 韓国Samsung Electronicsは11月14日、米音響機器メーカーHarman International Industries(以下、Harman)を買収することで合意したと発表した。買収総額は約80億ドル(約8560億円)で、2017年半ばに完了の見込みだ。

 Harmanは自動車向けインターネット接続サービス(コネクテッドカーサービス)で知られており、Samsungは同社買収により、米Google米Appleが先行する自動車分野に本格的に参入する狙いだ。

 harman 1
 harman 2 harman/kardonの無線スピーカーシステム「AURA」

 一般にはJBLやharman/kardonブランドのヘッドフォンやオーディオ機器で知られるが、Harmanはコネクテッドカー市場の主力企業であり、現在3000万台以上の自動車に同社のシステムが搭載されているという。トヨタ、BMW、Audiなどを顧客に持つ。同社の過去1年の売上高70億ドルの約65%は自動車向け部品事業が占める。

 harman 3

 買収完了後、HarmanはSamsug傘下の独立した企業として存続する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.