ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年11月16日 12時54分 UPDATE

Google、AI研究の成果を体験できるWebサイト「A.I. Experiments」公開

Googleが、人工知能(AI)技術でどんなことができるのかを紹介するWebサイト「A.I. Experiments」を公開した。描いた絵が何だかをAIが当てるゲームや膨大な量の鳥の声のデータベースなどで遊べる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは11月15日(現地時間)、同社の人工知能(AI)ツールを使って構築した実験的なサービスやオープンソースで公開されているコードを紹介するWebサイト「A.I. Experiments」を公開した。

 ai 1 A.I. Experiments

 立ち上げ段階で、8種類の研究が紹介されている。例えば出されたお題の絵を描くと、AIがそれが何かを当てる「Quick Draw」や、約1万4500の鳥の声のデータベース「BIRD SOUNDS」などは、一般ユーザーでも楽しめ、その背景にある技術について学べる。

 ai 2 何の絵だかをAIが当てる「Quick Draw」

 Quick Drawは、絵を描いていく途中で「円ですね」「時計ですね」「あ、分かりました、目覚まし時計ですね」などと音声で言い続ける。

 1回の体験で6種類の絵を描く。結果のページでは、AIがお題以外の何の絵の可能性があると考えたかや、他のユーザーがどんな絵を描いたかが紹介される。

 ai 3 目覚まし時計の絵

 多くのユーザーがお題に合わせた絵を入力することで、AIの精度は向上していく。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.