ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年12月01日 11時00分 UPDATE

Apple、世界エイズデーに(RED)提携の赤い製品発売 ゲーム内課金で直接寄付も可能に

Appleが、世界エイズデーである12月1日に、「iPhone 7」用赤いバッテリーケースなどの新製品を発売した。また、「クラッシュ・ロワイヤル」など10本の人気ゲームのゲーム内課金が期間限定で全額寄付に回る。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは12月1日、世界エイズデー(World AIDS Day)を記念して赤いアクセサリー商品を幾つか発売した。

 同社はエイズ撲滅運動(RED)と提携し、売り上げの一部をエイズ撲滅支援に提供する赤い特別商品を販売している。

 今年の新たなラインアップとして、「iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」向けレザーケースやバッテリーケースが追加された。

 red 1 iPhone 7 Plus用バッテリーケース

 赤い「Beats Solo 3」と「Beats Pill+」も加わった。

 red 2 Beats製品も赤くなった

 また、12月6日までの期間限定で、App Storeで購入する幾つかの人気ゲームのゲーム内課金の収益がすべて「世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)」に寄付される。日本では、「クラッシュ・ロワイヤル」「シムシティ ビルドイット」「ヘイ・デイ」「アングリーバード2」など10本が対象となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.