ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
2016年12月29日 07時35分 UPDATE

Lenovo、Thinkpadシリーズをアップデート──「ThunderBolt 3」や「Microsoft Precision TouchPad」採用

Lenovoが2017年1月〜3月発売予定の「ThinkPad」シリーズ新ラインアップを発表した。モデルによってはシルバーも用意された。ポートに「ThunderBolt 3」を採用し、タッチパッドでは「Microsoft Precision TouchPad」をサポートする。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 中国Lenovoは12月28日(現地時間)、ノートPC「Thinkpad」シリーズのアップデートを発表した。9モデルあり、いずれも2017年1月〜3月に発売される見込みだ。

 thinkpad 1 シルバーの「ThinkPad T470s」

 新ラインアップ全体の特徴として、Lenovoは以下の項目を挙げた。

  • TouchPadでの「Microsoft Precision TouchPad」の採用
  • 一部のモデルでの本体カラーとしてシルバーを追加
  • 「Windows Hello」でのログインに対応する顔認識機能用赤外線カメラオプション
  • プロセッサは米Intelの第7世代Core(コードネーム:Kaby Lake)採用
  • 「ThunderBolt 3」を含むUSB Type-Cポートの採用
  • 指紋認証システムの強化
  • 「LTE-Advanced」や「WiGig」のサポート
  • 最適化した「Microsoft Signature Image」のプリインストール(Microsoft Signature PCは、OEMがWindows 10に自社でアプリなどを追加してプリインストールしないPCのことだが、“最適化した”とあるのでまったくクリーンなWindows 10ではなさそうだ)
 thinkpad 2 USB Type-Cポートを備える「ThinkPad Yoga 370」

 ラインアップは以下の通り。それぞれのスペックは、モデル名のリンク先(PDF)を参照されたい。

 同社はまた、Thunderbolt 3ポートを備えるThinkPadシリーズ向けのドックも発表した(別記事)。

【UPDATE】X1ファミリーは2017年1月3日に発表された。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -