ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
2017年01月17日 14時36分 UPDATE

「月面最後の足跡」残す アポロ17号船長ユージン・サーナンさん死去

アポロ計画最後の17号に船長として参加し、「月面に降り立った最後の宇宙飛行士」と呼ばれるユージン・サーナンさんが亡くなった。82歳だった。

[ITmedia]

 月面に降り立った最後の宇宙飛行士、ユージン・サーナンさんが亡くなったと、米航空宇宙局(NASA)が16日(現地時間)に発表した。82歳だった。遺族によれば「健康状態が悪化していた」という。

photo ユージン・サーナンさん(NASAのWebサイトより)

 サーナンさんは、1963年8月にNASAが選んだ14人の宇宙飛行士の1人。72年12月、アポロ計画最後の有人宇宙飛行船「アポロ17号」に船長として搭乗。同乗していたハリソン・シュミット飛行士と月面を探査し、シュミット飛行士の後で月面に降りたため「月面に降り立った最後の宇宙飛行士」と呼ばれる。

 サーナンさんはシュミット飛行士より後まで月面に残っていたため、月面に残る人類最後の足跡は44年間ずっと彼のものだ。

photo 月面に星条旗を立てるサーナンさん(NASAのWebサイトより)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.