ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2017年01月26日 13時20分 UPDATE

Gmail、JavaScriptファイルの添付を禁止へ(2月13日から)

Googleが、セキュリティ上の理由からGmailへの添付を禁じているファイルに、JavaScriptコード(.js)を追加する。2月13日から.jsファイルを添付しようとすると、警告が表示されるようになる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは1月25日(現地時間)、Gmailへの拡張子が「.js」のファイルの添付を2月13日から禁止すると発表した。セキュリティ上の理由からだ。

 同社は既に、拡張子が「.exe」「.msc」「.bat」などの実行ファイルの添付を禁止している。これらに、JavaScriptのコードである.jsファイルが加わることになる。こうしたファイルを添付しようとすると、以下の画像のような警告が表示され、それでも送信しようとすると、添付ファイルなしのメールが送信される。

 gmail 1 警告画面

 これらの拡張子のファイルを誰かに送りたい場合は、Googleドライブなど、他の手段を使うよう同社は勧めている。なお、同社のもう1つのメールサービス「Inbox」ではこれらのファイルを添付して送信できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.