ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
2017年02月03日 12時00分 UPDATE

「節分の豆は3歳ごろまで食べないで」――窒息の恐れ、消費者庁が注意喚起

豆まきをする節分に合わせ、消費者庁が3歳ごろまでの子どもには乾いた豆を食べさせないように注意喚起。豆の破片が気管に入り窒息する恐れがあるという。

[ITmedia]

 「3歳ごろまでは乾いた豆・ナッツ類を食べさせないようにしましょう」――消費者庁は2月2日にそう注意を呼び掛かけた。歯が生えそろう前の子どもは豆を噛み砕くことが難しく、喉も未発達なため、豆が気管に入って窒息する恐れがあるという。

photo 写真はイメージです

 同庁には、複数の医療機関から豆類による事故の報告が寄せられているという。例えば、1歳の子どもが節分の残りの豆を食べたところ気道につまって呼吸が乱れ、病院での除去後に5日間入院したという事故や、ピーナッツを食べていた1歳の子どもが喉に詰まらせ、救急要請したトラブルが起きているという。

 窒息の危険に加え、小さな破片でも気道に入ったまま放置していると、気管支炎や肺炎を起こす恐れもあるとしている。同庁は「節分で豆まきをすることがあると思うが、親の目の届かないところで子どもが豆に近づかないよう注意し、後片付けも徹底してほしい」と呼び掛けている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.