ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
2017年02月21日 09時53分 UPDATE

自転車泥棒、追い詰めた執念……「ヤフオク!」のアラートで追跡、Facebookで本人特定 (1/4)

「大切な自転車が盗まれた!」。彼女はネットを駆使して犯人を追い詰め、逮捕につなげた。まさに執念だった。

[岡田有花,ITmedia]

 大切な自転車が盗まれてしまったら、あなたはどうするだろうか? 諦める人もいるだろう。警察に届け出て、見つかるのを待つ人もいるだろう。

 彼女はそのどちらでもなかった。ネットを駆使し、1年かけて犯人を追い詰め、逮捕につなげた。まさに執念だった。

「自転車がない!!」

 「自転車がない!!」

 2015年3月。東京・池袋にある自転車専門店の前で事件は起きた。店の前の柵にワイヤーロックでくくりつけていたはずの、彼氏のロードバイクがない。ロードバイクは他にも何台か停まっていたが、彼のものだけなくなっていた。

画像 盗まれた「エディ・メルクスEMX1」

 その日は2人で店を訪れていた。彼女は徒歩、彼はロードバイクで。直径2センチほどある頑丈なワイヤーロックでロードバイクを施錠し、店に入って15分ほど買い物し、帰ろうとした矢先だった。

 なくなったのは「エディ・メルクスEMX1」の2012年モデル。フレームだけで25万円。パーツを含めると45万円相当の品だ。慌てて店員に確認するが「知らない」という。

 盗まれた……。

 彼は翌日、池袋の交番に被害届を提出したが、あまりのショックでそのまま会社を休んでしまった。

 そして彼女は奮起した。「意地でも探す!」

 その日、彼女は昼に会社を早退。池袋じゅうの駐輪場をくまなく見て回った。「盗んだ犯人が駐輪場に乗り捨てたかもしれない」と考えたのだ。

 パチンコ店やマンションの駐輪場……同じ駐輪場に何度も訪れ、管理人のおじさんに「もうあきらめなよ」と諭されたりもしたが、めげずに探し続けた。

 7時間ほど探し続けた夜8時ごろ。彼から電話がかかってきた。「盗まれた自転車を探して駐輪場を回っている」。そう伝えると「バカじゃないの!」と呆れられた。彼は諦めていた。「もう探さなくていい。悔しいし、思い出すだけで腹が立つから」と。

 彼女は諦めるつもりはなかった。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.