ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
2017年02月23日 09時39分 UPDATE

Microsoftの更新プログラム、Flash Playerの脆弱性のみ対処

Adobeが14日にリリースしていたFlash Playerの更新版のみWindows向けに配信したが、既に公になっているWindowsの脆弱性は未解決のまま残されている。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Microsoftは2月21日(日本時間22日)、Adobe Flash Playerの脆弱性を修正するセキュリティ更新プログラムをWindows向けにリリースした。公開が延期された2月の月例更新プログラムのうち、Adobeが14日にリリースしていたFlash Playerの更新版のみ配信した形だが、既に公になっているWindowsの脆弱性は未解決のまま残されている。

 今回の更新プログラムではInternet Explorer(IE)10と11およびMicrosoft Edgeに組み込まれているFlash Playerを更新して脆弱性を修正した。この脆弱性は、Windows 8.1/RT 8.1/10とWindows Server 2016で深刻度が最も高い「緊急」に指定され、Windows Server 2012/2012 R2では上から3番目の「警告」となっている。

photo セキュリティ更新プログラムの概要

 Adobeは14日にリリースしたFlash Playerの更新版で13件の深刻な脆弱性を修正していた。悪用されれば攻撃コードを実行され、システムを制御される恐れもある。

 Windowsでは、まだ解決されていないSMB関連のサービス妨害(DoS)の脆弱性が発覚しているほか、Googleの研究者もWindowsの未解決の脆弱性についての情報を公開した。

 公開が延期されている2月の月例セキュリティ更新プログラムは、米国時間の3月14日に3月の月例更新プログラムと併せてリリースされる予定。

関連キーワード

脆弱性 | Windows | Flash Player


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.