ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
2017年02月24日 16時08分 UPDATE

Alphabetの自動運転企業Waymo、競合するUberとその傘下のOttoを特許侵害で提訴

Google自動運転プロジェクトのスピンオフ企業Waymoが、元従業員らが立ち上げ、Uberに買収された自動運転トラック企業OttoとUberを、営業秘密保護法違反および特許侵害で提訴した。OttoのCEOはWaymo退社直前に大量の機密情報を会社からダウンロードしていた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleの親会社Alphabet傘下の自動運転技術企業Waymoは2月23日(現地時間)米Uber傘下の競合企業Ottoを、営業秘密保護法違反および特許侵害で提訴したと発表した。同日付のカリフォルニア州北部地区連邦地裁への訴状を公開した。

 otto 1
 otto 2 Uberのトラヴィス・カラニックCEO(左)とOttoのアントニー・レヴァンドウスキCEO

 Waymoは、Googleが2010年に立ち上げた自動運転車プロジェクトが2016年12月にスピンオフした企業。一方のOttoは、CEOのアントニー・レヴァンドウスキ氏をはじめ多数の元Googleの自動運転車プロジェクトのメンバーが2016年1月に立ち上げた、自動運転技術を手掛ける非公開企業。8月にUberが買収した。

 Waymoによると、Ottoが自社開発だとしている自動運転向けセンサー「LiDAR(Light Detection and Ranging)」がWaymoのものと酷似しているという。

 調査したところ、レヴァンドウスキ氏は退社の6週間前に、LiDARとその基板の設計図を含む1万4000件以上の機密資料をWaymoのシステムからダウンロードしていたことが明らかになった。

 レヴァンドウスキ氏以外の、現在OttoおよびUberで働いている元従業員もサプライヤーリストや製造方法なとに関する技術情報を大量にダウンロードしていた。

 Waymoは、こうした行為はWaymoの営業機密や知的財産を盗む計画の一部だと確信しているという。

 親会社のAlphabetは長年、Uberと多方面にわたって協力してきていることもあり、提訴の決断は簡単ではなかったという。それでも自社独自技術を守るために他の選択肢はなかったとWaymoは説明した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -