ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2017年02月27日 07時46分 UPDATE

「Googleアシスタント」がAndroid 6.0以降のスマホにやってくる(まずは英語版)

Googleが、音声認識AIアシスタント「Googleアシスタント」を、Android 6.0以降搭載のスマートフォンでも使えるようにすると発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは2月26日(現地時間)、音声認識AIアシスタント「Googleアシスタント」を、「Android 6.0 Marshmallow」および「Android 7.0 Nougat」搭載の多様なスマートフォンで利用できるようにしたと発表した。今週米国の英語版で“ローリングアウト”し、来年中に他の言語にも拡大していく計画。

 assistant 1 左から、Samsung Galaxy S7、LG V20、HTC 10で稼働する英語版Googleアシスタント
 assistant 2、 日本語に対応済みだ(「Allo」での利用画面)

 Googleアシスタントは、2016年の「Google I/O」で発表された。現在はGoogleのオリジナルスマートフォン「Pixel」シリーズ、「Google Home」「Google Allo」「Android Wear」でのみ利用できる。Googleは1月、「Android TV」にも追加すると発表した。

 日本語には2016年12月に対応している。

 現在はGoogle AlloをインストールすればチャットボットのGoogleアシスタントと会話できるが、端末が対応すればホーム画面で直接Googleアシスタントを呼び出して使えるようになる。

 条件の合うAndroid 6/7搭載端末であれば、「Google Play開発者サービス」のアップデートで自動的にGoogleアシスタントが利用できるようになる。Googleが具体的に挙げているメーカー名は、HTC、Huawei、Samsung、ソニーだ。同日WMCで発表された「LG G6」でも利用できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.