ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
2017年03月13日 07時00分 UPDATE

米Google、デスクトップ向けの「Chrome 57」安定版公開 36件の問題を修正

最新版の「Chrome 57.0.2987.98」では、計36件のセキュリティ問題を修正した。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Googleは、Webブラウザ安定版のアップデートとなる「Chrome 57」を3月9日付でWindows、Mac、Linux向けに公開した。

 Googleのブログによると、最新版の「Chrome 57.0.2987.98」では計36件のセキュリティ問題を修正した。外部の研究者から情報が寄せられた脆弱性も多数を占める。

photo 脆弱性の発見者に支払われた賞金一覧(出典:Google)

 そのうち、危険度が同社の4段階評価で上から2番目に高い「高」に分類された脆弱性は9件。中でも「V8におけるメモリ破損」の脆弱性を発見した研究者には7500ドル、「ANGLEにおける解放後使用」問題の発見者には5000ドルの賞金がそれぞれ贈呈された。

 他にもPDFiumに存在する境界外書き込みや解放後使用、libxsltの整数オーバーフローといった脆弱性が危険度「高」に指定され、発見者に500〜3000ドルの賞金が贈呈されている。こうした脆弱性を悪用されれば、一定の条件の下で攻撃者に任意のコードを実行されるなどの恐れがある。

 脆弱性情報に賞金をかける制度は2010年に導入された。Googleによれば、危険度の高い脆弱性は発見が難しくなり、研究者が費やす時間も増えているといい、2017年3月からは、最も危険度が高い任意のコード実行の脆弱性を発見した研究者に支払う賞金の上限を、これまでの2万ドルから3万1337ドルに引き上げている。

 情報を寄せた研究者を国別にみると、2016年は中国が激増し、米国を抜いてトップに立った。米国は2位に後退する一方、3位のインドからの報告も増えている。

photo Googleに情報を寄せた研究者を国別にみると、2016年は中国が激増し、米国を抜いてトップに立った(出典:Google)

関連キーワード

Google | 脆弱性 | 研究者 | ブログ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.