ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
2017年03月16日 13時57分 UPDATE

GoPro、さらに270人のリストラを発表「新製品ロードマップは計画通り」

昨年11月に約200人のリストラを発表したGoProが、さらに270人のリストラ計画を発表した。こうした経費削減努力により、2017年は黒字を保てる見込み。リストラは製品ロードマップに影響しないとしている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米GoProは3月15日(現地時間)、約270人の従業員のリストラを含む経費削減計画を発表した。これにより2017年の黒字確保を目指す。

 同社は昨年11月にも約200人のリストラを発表した。同社のWebサイトによると、2016年末時点の従業員数は1552人だった。

 ニック・ウッドマンCEOは発表文で「GoProの財務業績を、われわれの製品とブランドの強みとマッチさせようとしている。経費削減で製品ロードマップを守り、2017年は非GAAPで黒字を保てる」と語った。

 アクションカメラ大手の同社は昨年9月、カメラをセットして飛ばせる小型ドローン「Karma」を満を持して発表したが、発売直前に中国のドローンメーカーDJIが先んじてより小型のカメラ付きドローン「Mavic Pro」を発売した。その上、Karmaは電源の問題で自主リコールになった。GoProは2月、問題を解決した新Karmaの販売を再開した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -