ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
2017年03月29日 19時35分 UPDATE

送電線との衝突防ぐ「ドローンハイウェイ」 東電とゼンリンが共同開発へ

ドローンが送電線などに衝突しないように、3次元の地図を作る「ドローンハイウェイ構想」を、東京電力とゼンリンが発表。

[ITmedia]

 東京電力ホールディングスとゼンリンは3月29日、送電鉄塔や送電線などの位置・高さのデータを基に3次元の地図を作り、ドローンの安全飛行を支援する「ドローンハイウェイ構想」を発表した。衝突を避けるだけでなく、送電線を「空から見える道しるべ」とすることで、ドローンが目的地まで安全に飛行できるようにするという。2019年度の実現を目指す。

photo ドローンハイウェイ構想のイメージ(東京電力の動画より)

 東京電力グループが保有する変電所、送電鉄塔や電柱、送電線などのインフラデータと、ゼンリンの3次元地図データを作る技術「空の3次元地図」を組み合わせる。ドローンが目的地まで飛行するとき、電力設備を道しるべに利用するという。道しるべとなる設備の近くには、ドローンを充電したり、点検・整備したりできる「ドローンポート」の整備も進める。

photo ドローンポートの整備も

 ドローンは、荷物配送や災害現場の空撮、インフラ点検などへの活用が見込まれる一方、障害物に衝突したり、長距離飛行時にバッテリーが切れたり――といったトラブルを、どのように防ぐか課題になっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.