ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
2017年04月07日 11時01分 UPDATE

倉庫火災でアスクルを家宅捜索 消防法違反の疑い

倉庫に保管されていた可燃性のある危険物の量が、消防法の基準を大幅に上回っていた疑いがあるという。

[ITmedia]

 アスクルは4月7日、2月に埼玉県の倉庫で起きた火災をめぐる消防法違反の疑いで、アスクル本社(東京都江東区)と子会社のASKUL LOGIST(同)が埼玉県警の家宅捜索を受けたと発表した。

 報道によると、火災が起きた倉庫に保管されていた可燃性のある危険物の量が、消防法の基準を大幅に上回っていた疑いがあるという。

 火災は2月16日に発生。倉庫内で爆発が起きるなどして消火作業が難航し、12日後の28日に鎮火した。

画像 発生当時の火災の様子(16日午前10時40分ごろ、AbemaTVの「news」より)

 アスクルは家宅捜索について「捜査中なのでコメントは控えるが、引き続き警察の捜査や消防庁、国土交通省の調査に全面的に協力し、是正すべきことは早急に対応する」としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.