ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
2017年05月03日 00時17分 UPDATE

「Surface Laptop」は「Windows 10 S」搭載で999ドル、6月15日発売

Microsoftは「Windows 10 S」搭載の13.5インチのオリジナルノートPC「Surface Laptop」を発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは5月2日(現地時間)、「Learn what's next」と題した教育関連の発表イベントで、新Surface端末「Surface Laptop」を発表した。

 surface 1 「Surace Laptop」を紹介するパノス・パネイ氏

 価格は999ドルからで、(少なくとも米国では)5月2日に予約開始、6月15日に出荷開始だ。

 surface 0

 同日発表の軽量OS「Windows 10 S」搭載の初の端末になる。

 クラムシェル型でディスプレイは13.5インチ(3:2アスペクト)のPixelSenseで、厚さは9.9〜14.47ミリ、重さは約1.25キロ。ポートはUSB-A、mini DisplayPort、Surface power connectorで3.5ミリのヘッドフォンジャックを備える。

 本体はメタリックで、色はプラチナ、ブルゴーニュ、コバルトブルー、グラファイトゴールドの4色だ。

 surface 2

 キーボード部分にはアルカンタラ素材を施し、高級感があり、「手を置くと温かい」(パネイ氏)。

 surface 3

 開くと起動し、閉じるとスリープする。バッテリー持続時間は14.5時間。MacBookより長いとパネイ氏は誇らしげに語った。

 surface 4 バッテリー持続時間は14.5時間

 スペックは、プロセッサはIntel Core i5/i7、ストレージは128GB/256GB/512GBのSSD、RAMは4GB/8GB/16GBのオプションがある。

 Microsoftは同日、Acer、ASUS、Dell、富士通、東芝、HPなどがパートナーとしてWindows 10 S搭載端末「Windows 10 education PC」を発売することも発表している。価格は189ドルからで、今夏発売の予定だ。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.