ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2017年05月24日 07時36分 UPDATE

「Microsoft Whiteboard」はWindows 10端末で使える手描きコラボアプリ

Microsoftは「Surface Pro」発表イベントで、タッチ対応Windows 10端末で使えるホワイトボードアプリ「Whiteboard」や「Windows Ink」の新機能を紹介した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは5月23日(現地時間)、中国上海で開催した「Surface Pro」を発表したイベントで、「Office 365」ユーザー向けコラボアプリ「Microsoft Whiteboard」も発表した。

 white 1 Microsoft Whiteboard

 まずは「Surface Hub」向けにプライベートプレビューとして提供を開始した。年内に他の「Windows 10」端末でも使えるようにする計画。利用できるのはOffice 365ユーザーのみだ。

 アプリ名通り、ホワイトボードのような画面に複数のメンバーが自分の端末からアイデアを書き込みながらディスカッションできる。書き込みにはメンバーのプロフィールアイコンが付くので、誰が書いているかが分かる。新しい「Surface Pen」と共に発表された「Ink」の新機能、手描きの幾何学図形や表組みを“清書”する機能などを備える。


 また、Inkの「鉛筆」のテクスチャやInkのエフェクトに新たに「虹」「銀河」「溶岩」「海」「ゴールド」「シルバー」などが加わる。これらは、6月に予定しているOffice 365のアップデートで利用できるようになる見込み。Windows 10版「OneNote」では鉛筆のテクスチャは既に使える。Office 365加入者であれば、エフェクトも使える。

 white 2 Inkの新しいテクスチャやエフェクト

 さらに、お気に入りの“筆先”を登録して自分の“デジタル筆箱”を作れるようになる。ペン、鉛筆、蛍光ペンの太さや色を設定したものをデジタル筆箱に入れておけば、別のアプリ・端末でその筆箱を使える。

 white 3 設定したペン、鉛筆、蛍光ペンをしまっておけるデジタル筆箱機能

 この機能も、6月のOffice 365のアップデートで追加される。Windows 10版OneNoteでも6月から使える。筆箱の持ち歩き機能は年内追加の予定だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「Windows 7」サポート終了 対策ナビ