ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
2017年05月25日 18時28分 UPDATE

pixivのR-18小説を「有害な文」 学会が論文取り下げ 「検討するため」

人工知能学会で発表された立命館大学の論文にネットで批判が集まり、学会が公開を中止した。

[井上輝一,ITmedia]

 立命館大学の学生が「2017年度 人工知能学会全国大会」で5月24日に発表し、公式Webサイト上に掲載されていた論文を、同学会が25日朝に公開中止した。論文では「青少年にとって有害な文」として作品投稿サイト「pixiv」のR-18指定小説を名指ししており、ネット上で問題視する声が上がっていた。

公開を中止した論文(追記:著者名はリンク先で確認する形としました)

 公開を中止したのは、立命館大学・同大学院の学生が発表した「ドメインにより意味が変化する単語に着目した猥褻(わいせつ)な表現のフィルタリング」という論文。

 内容は「暗喩を用いて表現されている有害な文」に対してフィルタリングを行う手法の提案だが、その中で、pixivに掲載されているR-18指定の小説を、作品URLと作者名を挙げて引用していた。ネットユーザーからは「有害のレッテル貼り」「ログインしないと読めない形でゾーニングしているのに」「このような取り上げられ方では表現者が萎縮する」などの声が上がっていた。

 人工知能学会の担当者はITmedia NEWSの取材に対し、「検討するため、いったん非公開とした」とメールで応じた。現在までにそれ以上のコメントは明かしていない。

 立命館大学の広報課は「現在、正確な事実確認に努めている」という。

 pixivは公式Twitterで「論文の発表元である立命館大学に対し、経緯と事実関係の確認および対象ユーザーとの問題解決を要請しております。皆様がより安心してpixivを利用できるよう、引き続き本件への対応を進めてまいります」と記している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.