ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
2017年06月15日 18時30分 UPDATE

国交省への不正アクセス、個人情報流出なし

国交省のWebサイト「土地総合情報システム」が不正アクセスを受けたが、個人情報の流出は確認されず。

[ITmedia]
photo 不正アクセスを受けた「土地総合情報システム」。6月15日現在、運用を停止し、閲覧できない状態になっている

 国土交通省のWebサイトが「Apache Struts 2」の脆弱性を悪用した不正アクセスを受けた件で、同省は6月14日、個人情報の流出は同時点までに確認していないとの調査結果を発表した。個人情報が悪用された可能性もないという。

 トラブルは、不動産取引価格などの調査や結果公表を行うサイト「土地総合情報システム」が、Apache Struts 2の脆弱性を悪用した不正アクセスを受けたというもの。6月6日時点では、同サイトでWebアンケートに答えたユーザーの個人情報(氏名、契約日など)最大4335件と、所有権移転登記情報(登記原因日、面積など)最大19万4834件が流出した可能性があるとしていた。

 調査は、同システムの保守・運用の委託先であるNECが実施した。国交省は「ご心配とご迷惑をおかけしていることをあらためて深くおわび申し上げます」と謝罪している。

photo 国交省の発表文

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.