ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
2017年07月03日 20時25分 UPDATE

「時間通りに届かない」「来ていないのに配達完了」――Amazonの配送業者「デリバリープロバイダ」に不満殺到

アマゾンジャパンと提携している地域限定の配送業者「デリバリープロバイダ」に、ネット上で「指定時間帯に届かない」など不満の声が挙がっている。

[ITmedia]

 「指定時間帯に届かない」「来てもいないのに配達完了」――アマゾンジャパンが提携している地域限定の配送業者「デリバリープロバイダ」に対し、荷物の配達に関する不満がTwitterなどに相次いで投稿されている。

 デリバリープロバイダは、アマゾンジャパンが地域限定で提携する配送業者5社の総称だ。日本経済新聞などの報道によれば、配送の主力を担うヤマト運輸が、人手不足などを理由に当日配送の受託縮小をアマゾンジャパンに要請。その影響で、デリバリープロバイダが取り扱う荷物の量が増えているとみられる。

 デリバリープロバイダに対し、6月下旬からネット上で「1日遅れで届いた」「商品が届かず注文履歴を確認したら、配達完了になっていた」「不在票が入っておらず、連絡先が分からない」など不満の声が続出している。一方「デリバリープロバイダーの配送だったが、特に問題はなかった」という報告もある。

 アマゾンジャパンはこうした声を把握しているのか――ITmedia NEWSは同社広報部にコメントを求めたが、回答は得られていない(7月3日午後8時時点)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.