ITmedia NEWS > ベンチャー人 >
ニュース
2017年07月07日 15時55分 UPDATE

“俺の嫁”召還装置「Gatebox」社名変更 製品名と同じに

好きなキャラと一緒に暮らせる装置「Gatebox」を開発するベンチャー企業のウィンクルが、Gateboxに社名変更した。

[ITmedia]

 好きなキャラクターと一緒に暮らせる装置「Gatebox」を開発する、LINE傘下のウィンクルは7月7日、社名をGateboxに変更した。開発体制を強化するため、本社所在地を東京・秋葉原の周辺部から中心部へと移転する。

Gatebox Gatebox

 Gateboxは、円筒形の装置内部に3Dキャラクターを投影し、“共同生活”が楽しめるマシン。主人(ユーザー)の行動をセンサーで認識し、朝に主人を起こしたり、帰宅すると出迎えたりしてくれる。

 「夢の実現に向けて全社一丸となって取り組んでいきたい」という思いから、社名を製品名と統一したという。

Gatebox 好きなキャラクターと一緒に暮らせる装置「Gatebox

 同製品は16年12月に限定予約販売を始め、1カ月で当初予定の300台を完売した

 17年3月には、LINEが連結子会社化を発表。LINEのクラウドAIプラットフォーム「Clova」と連携し、バーチャルホームロボットを共同開発するとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.