ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
2017年07月21日 17時24分 UPDATE

イオンとサッポロ、貨物船を共同運航 トラック運転手の負担軽減

イオンとサッポロが、貨物船を共同運航。トラックに代わり、双方の商品を大量輸送し、ドライバーの負担、環境負荷の低減につなげる。

[ITmedia]

 イオンとサッポロホールディングスは7月21日、大分県と静岡県を結ぶ貨物船の共同運航を24日に始めると発表した。週2往復し、双方の商品を輸送する。トラックによる輸送の一部を代替し、ドライバーの負担、環境負荷を低減する狙い。

photo

 大分港からは、イオンが福岡県内の工場で生産したプライベートブランド「トップバリュ」の飲料などを関東地方に輸送。清水港(静岡県)からは、サッポロが静岡県内の委託先工場が製造した清涼飲料水を九州へと運ぶ。

photo

 貨物船で大量輸送することで、トラックドライバーの長時間運転を解消できるという。トラック輸送と比べると、イオンは約15%、サッポロは約6%の輸送コストを削減できるほか、CO2排出量も約50%削減できるという。

 イオンとサッポロは、2015年11月から長野(長野県)〜墨田(東京都)間で鉄道輸送も共同運用している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.