ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2017年08月22日 11時49分 UPDATE

「ミニスーファミ」に「リプレイ」機能 ゲームオーバー寸前からやり直し可能

手のひらサイズの「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」の機能詳細が明らかに。ゲームオーバー寸前にセーブしておき、その前からやり直せる「リプレイ」などの機能も。

[ITmedia]

 任天堂は8月21日、手のひらサイズのスーパーファミコン型端末「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」(10月5日発売予定)の機能詳細を紹介する動画をYouTubeに公開した。ゲームを中断したポイントを保存できる「いつでもセーブ」、セーブポイントから時間を巻き戻してやり直せる「リプレイ」などの機能を備える。

photo ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン(任天堂の動画より)
photo 「リプレイ」を使えば、ゲームオーバー寸前からやり直しもできる

 1990年に発売したスーパーファミコンを手のひらサイズの筐体に収めたゲーム機。「スーパーマリオワールド」や「F・ZERO」、未発売の「スターフォックス2」など21タイトルを収録する。コントローラーは当時のサイズ・形状のまま、2個を同梱。映像出力はHDMI、電源はMicro USBで供給する。7980円(税別)。

photo 21タイトルを収録する

 ゲームを終了するときに、本体のリセットボタンを押すと、ソフトごとに最大4つまで中断ポイントを保存できる「いつでもセーブ」を搭載。保存した中断ポイントから一定時間、場面を巻き戻して遊べる「リプレイ」も備える。ゲームオーバーになる瞬間にセーブしておき、その前からやり直す――という遊び方ができる。

photo いつでもセーブ

 中断ポイントの直前をデモムービーとして再生する「マイプレイデモ」も。どのゲームをどこまでプレイしていたかを思い出すのに役立つという。

photo コントローラーは当時のサイズ・形状のまま
photo テレビとはHDMI接続、電源とはUSB接続
photo
photo
photo
photo
photo
photo

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.