ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2017年08月27日 07時10分 公開

iOS版「Googleアシスタント」が日本語に対応 iPhoneでSiriと同居

Googleの音声アシスタントアプリ「Googleアシスタント」の日本語版がApp Storeに登場した。同じ端末内の「Siri」とGoogleアシスタントに、幾つか同じ質問をしてみた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleの音声AIアシスタントアプリ「Googleアシスタント」が8月24日、日本語に対応した。日本のApp Storeからダウンロードできる。

 assistant 1

 Googleアシスタントは、米Appleの「Siri」や米Amazon.comの「Alexa」と競合するパーソナルアシスタント機能。「OK Google」と呼び掛けることで起動し、音声での質問や命令に対応する。使うにはGoogleアカウントが必要だ。

 連係する個人情報はGoogleアカウントのものを使うので、例えば電話やメールの発信はGoogleアカウントにある連絡先を、予定はGoogleカレンダーにあるものを利用する。

 同じ端末で、SiriとGoogleアシスタントに同じ質問をした結果は以下の通り。天気予報は、Googleアシスタントは音声でも説明してくれる。また、「冗談を言って」のような質問の場合は双方ともランダムにいろいろな答えを返すが、Siriは冗談は言ってくれない。

 assistant 2 「今日の天気」
 assistant 3 「iPhone 8って知ってる?」
 assistant 4 「何か冗談を言って」

 Googleアシスタントはスマートフォンの他、Googleのスマートスピーカー「Google Home」にも搭載されている。「Google Home」は日本でも年内に発売される見込みだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.