ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2017年09月29日 11時31分 公開

「凍結」に抗議相次ぐ Twitter「深く反省」「透明感上げたい」

「身に覚えがないのに、アカウントを凍結された」と訴えるTwitterユーザーがここ最近、急増している。Twitter Japanは「透明性を含め、まだまだ見直すべきことが多いと深く反省している」という。【訂正】

[岡田有花,ITmedia]

 Twitterで、「身に覚えがないのにアカウントを凍結された」と訴えるユーザーがここ最近、急増している。攻撃的なツイートは行っていないとみられるアカウントまで凍結されるなど、「不当な凍結も多いのでは」「Twitterは凍結の基準を透明化すべき」といった声も大きい。

 Twitter Japanは凍結について「透明性を含め、まだまだ見直すべきことが多いと深く反省している」とコメント。「できるだけ早く透明感を上げたい」としている。

画像

 Twitterによるアカウント凍結は、8月ごろから目立ち始めた。イラストを投稿するユーザー(「絵師」と呼ばれる)のアカウントが次々凍結されて騒ぎに。その後、著名なジャーナリストのアカウントが永久凍結されたり、アリの写真が「ヒアリ」かどうかを判定してくれるアカウント「ヒアリ警察」(@_Solenopsis)のアカウントが一時的に制限され、注目を集めた。

画像 「ヒアリ警察」の機能制限は既に解除されている

【訂正:2017年9月29日午後2時:初出時、ヒアリ警察のアカウントについて、「凍結された」と表現していましたが、「一時的な制限」(ロック)でした。お詫びして訂正いたします】

 ユーザーの間では、「言動に問題がなさそうなアカウントまで凍結されている」「Twitterは凍結の理由を明らかにし、透明性を高めるべき」「凍結に抗議しても、定型文で返信が届くだけで、とりつく島もない」といった不満が高まっている。自分のアカウントが凍結されたことを不当と感じ、Twitter日本法人を訪問して抗議した、と報告するユーザーも現れた。

画像 凍結についてのルール

 一連の凍結騒動についてTwitter Japanの広報担当者は、「従来通りTwitterルールに基づき、ルールに違反した場合に凍結を行っている」と説明。ただ「不当というご意見も頂戴している」と、事態を把握していることを認めた。「透明性を含め、まだまだ見なおすべきことが多いと深く反省している」という。

 ルール違反があった場合のユーザーとのコミュニケーション方法なども含め、「この数週間ほぼ毎日、米国本社や他国の関係部署を含めた社内で相談を行っている」と明かし、「できるだけ早く透明感を上げたい」と表明した。

 Twitterの“ルール違反対策”をめぐって米本社は28日、文書で詳細を説明した。スパム目的で作られたbotや悪質な投稿を検出するため、機械学習を使ったシステムを強化しており、毎週320万件以上の不審なアカウントを捕捉しているという。botではなく人間のユーザーが不正なアカウントを作るケースも増えており、「対策は難しく、規約を守っているアカウントを巻き込む可能性が高い」と認める。その対策についても「改善に取り組んでいる」としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.