ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2017年10月13日 16時52分 公開

「うなずく」と好感度アップ 「首振り」より40%増 北大が研究

「うなずく」動作は「首振り」「静止したまま」より好感度が40%アップ――北海道大学が効果を検証した。

[ITmedia]

 「うなずく」動作は、「首を横に振る」「じっとしたまま」より好感度が40%アップする――そんな研究結果を、北海道大学がこのほど発表した。マナー教育や、Webサービスのアバター、ヒューマノイドロボットの評価などに役立つという。

photo

 研究チームは、3DCGで作成した女性が「うなずく」「首を横に振る」「じっと静止している」短い動画を作成。18歳以上の男女49人に、動画ごとに人物の印象(好ましさ、近づきやすさ)を1〜100の範囲で評価してもらった。

 すると「うなずく」が「首を横に振る」「静止したまま」より、好ましさが約30%、近づきやすさが約40%高い結果が出たという。

photo

 研究成果は、知覚心理学の学術誌「Perception」(電子版)に9月24日付(英国時間)で掲載された。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.