ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2017年10月18日 14時32分 公開

ヤフー、視覚障がい者向け「聞こえる選挙」公開 候補者など“読み上げ”

ヤフーが、視覚障害者向けの衆議院総選挙情報サイト「Yahoo! JAPAN 聞こえる選挙」を公開。候補者情報や各政党のマニフェストを音声で伝える。

[ITmedia]

 ヤフーは10月18日、視覚障害者向けの衆議院総選挙情報サイト「Yahoo! JAPAN 聞こえる選挙」を公開した。スクリーンリーダー(画面読み上げソフト)に対応し、候補者情報や各政党マニフェストなどを音声で伝える。

photo 「Yahoo! JAPAN 聞こえる選挙」トップページより

 18日時点では、各政党のマニフェストと立候補者プロフィール、東京都小選挙区の立候補者の政策を掲載している。23日には開票結果を掲載予定。

 総務省によれば、視覚障害者の91.7%がインターネットを利用(2012年の調査)。多くが画面読み上げソフトを使い、音声で情報を取得しているが、選挙公報は「紙の資料をそのまま画像化したPDFファイル」で掲載されるため、読み上げ機能に対応していなかった。

photo PDF形式の選挙広報の例(東京都選挙管理委員会 東京都第1区の選挙公報より)

 今後、サイトの利用状況を踏まえた提案や協議を、行政機関などに対して進めるという。同社がこうした取り組みを行うのは17年3月の東京都議会議員選挙に続いて2度目。国政選挙では初めて。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.