ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2017年10月24日 11時17分 公開

Microsoft AzureでCrayのスパコンが利用可能に

Microsoftが一部のデータセンターにCrayのスーパーコンピュータを設置し、Azureユーザーが機械学習やディープラーニングなどのワークロードで使えるようにした。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftと米スーパーコンピュータメーカーのCrayは10月23日(現地時間)、クラウドサービス「Microsoft Azure」のユーザーに対し、Microsoftの一部のデータセンターに設置したCrayのXCおよびCSシリーズのスーパーコンピュータを利用できるようにしたと発表した。

 cray Crayのスーパーコンピュータ「XC50」

 機械学習やディープラーニングなどの高性能なCPUパワーを必要とするワークロードを、AzureのVMとMicrosoftのAIおよび機械学習サービスと直結したCrayのClusterStoreシステム上で実行できる。

 MicrosoftとCrayは昨年12月、CrayのXC50でMicrosoftの「Cognitive Toolkit(CNTK)」をスケーリングするプロジェクトを発表している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.