ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2017年10月30日 18時39分 公開

LINEかたるフィッシングメール出回る 件名は「LINEへのメールアドレス」

LINEをかたるフィッシングメールが出回っているとし、フィッシング対策協議会が注意を呼び掛けている。

[ITmedia]

 フィッシング対策協議会は10月30日、メッセンジャーアプリ「LINE」をかたるフィッシングメールが出回っていると注意を呼び掛けた。

photo フィッシングメールの例(フィッシング対策協議会が公開)

 メールの件名は「LINEへのメールアドレス」。本文では「あなたのアカウントのパスワードは簡単しすぎて、安全問題がらございます」、「パスワードとして、個人の生年月日を設置してください」などとフィッシングサイトへ誘導し、個人情報の入力を促す(※「」内はいずれも原文ママ)。不審なサイトのURLは「http://www.line●●●●.cn/」。

 30日午後4時現在、フィッシングサイトは稼働中で、サイト閉鎖のためJPCERT コーディネーションセンターへ調査を依頼しているという。

photo 不審なサイト

 フィッシング対策協議会はこのようなサイトへパスワードや生年月日などの個人情報を入力しないよう注意喚起を行っているほか、類似のフィッシングサイトを発見した場合には協議会(info@antiphishing.jp)まで連絡するよう呼びかけている。

 LINEでもフィッシングメールについて、「@accept.line.me」「@naver.jp」「@line.me」「@noti.naver.jp」「@linecorp.com」のドメイン以外は、同社が送信したメールではないと注意喚起している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.