ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2017年11月01日 12時24分 公開

ソフトバンクとファーウェイ、5Gでつながるロボット目指し実証実験

5Gの活用により、ロボットの価格が下がる可能性も。

[太田智美,ITmedia]

 ソフトバンクとHuaweiは11月1日、ロボットにおける次世代通信「5G」(第5世代移動通信システム)の活用に向け、実証実験すると発表した。インターネットでつながるロボット「コネクテッド・ロボット」の実現を目指し、2018年から実証実験を行う予定。


コネクテッド・ロボット

 今回の取り組みでは、ロボットにおける5Gの大容量通信や超低遅延通信の活用方法を検証。実証実験では、ソフトバンクが開発した箱型自律走行ロボット2体(「CUBEくん」「木箱くん」)を活用するという。

 5Gの活用によって、データ処理などがクラウド上で可能に。それにより、高性能なCPUなどをロボット本体に搭載する必要がなくなり、ロボットの小型化やコスト削減が期待できるという。また、他のロボットとのデータ共有もしやすくなり、機械学習や人工知能(AI)の活用が進んでいくとしている。

 ソフトバンクは、5G向け候補周波数帯の実験局免許を16年8月に取得。これまでにも、5Gの要素技術を実装した装置を用いた超高速ブロードバンド通信や超低遅延通信などの検証を実施してきた。

太田智美

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.