ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2017年11月02日 13時59分 公開

「首吊り士」名乗り、自殺志願者と接触か 座間9人遺体事件

死体遺棄容疑で逮捕された白石隆浩容疑者は、「首吊り士」などのTwitterアカウントを使い、自殺志願者を手助けする内容を投稿していた。

[ITmedia]

 「首吊りは苦しくない」「本当に困っている方は、ご相談ください」――Twitter上で自殺志願者を手助けする内容を投稿していた「首吊り士」(@hangingpro)というアカウントがある。一部報道によれば、神奈川県座間市のアパートで9人の遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された白石隆浩容疑者(27)のアカウントという。

photo 「首吊り士」のTwitterアカウント(WebCacheより)

 首吊り士は、2017年9月に開設されたアカウント(非公開)。プロフィールには「首吊りの知識を広めたい 本当につらい方の力になりたい お気軽にDMへ連絡ください」とあり、志願者への自殺方法のアドバイスが書き込まれている。

 NHKなどの報道によれば、容疑者は複数のアカウントを使い分けており、首吊り士はその1つ。投稿に反応したユーザーを誘い出すなどして、殺害相手を探していた可能性もある。

photo 首吊り士のツイート(Togetterより、編集部が一部加工)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.