ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2017年11月09日 19時08分 公開

ハウステンボス、無人でお酒を出す「変なバー」オープン

サービス業務の効率化を目指して。

[太田智美,ITmedia]

 ハウステンボスは11月9日、長崎県の「変なホテル ハウステンボス」内に無人でお酒を提供する「変なバー」をオープンした。店内に設置したタブレットで注文決済し、サーバにコップを置くと自動でお酒を注ぐという。


変なバー 営業時間は午後7時から午後11時まで

変なバー

 変なバーは、専用タブレットで注文・決済し、カクテルやビールを自動で注ぐシステムを導入したバー。タブレット内の「アヤドロイド」というキャラクターが注文を受ける。決済方法はクレジットカードとモバイル決済サービス「WeChatPay」。タブレットの横にある決済デバイスで年齢認証も行う。アヤドロイドは、ハウステンボスのアトラクションやお土産、おすすめのレストランなども紹介するという。


変なバー 店内の様子

変なバー タブレット内の「アヤドロイド」が注文を受ける

 スタッフが遠隔で操作する「アヤ」というキャラクターも用意。ボイスチェンジャーを使い、スタッフ自ら応答する。現在は日本語のみに対応。


変なバー スタッフが遠隔で操作する「アヤ」。髪が黒い方がアヤ。奥に見える黒い決済デバイスで支払う

 メニューはビール1種類、カクテル6種類。ビール専用サーバとカクテル専用サーバを用意し、お客さんがコップをセットするとお酒が注がれる。座席数は、カウンタ―4席、テーブル6席。

 バーで働く人間は「アヤ」を遠隔操作するスタッフ1人だけで、基本的に案内からドリンク提供までは無人で行う。同社は「テーマパーク内での接客販売や窓口業務などサービス業務の効率化を目指していく」としている。

太田智美

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.