ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2017年11月13日 10時42分 公開

フォルクスワーゲンのCEO、「ビートル」の電気自動車モデルを計画中とコメント

独VolkeswagenのディエスCEOが英自動車雑誌のインタビューで、「The Beetle」のEVモデルの可能性を語った。同社のEVプラットフォーム「MEB」を採用すれば、かつてのように後輪駆動にできるという。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 独Volkeswagenの人気モデル「The Beetle」の電気自動車(EV)モデルが誕生する可能性について、同社のハーバート・ディエスCEOが英自動車専門ニュースサイトAutomakerのインタビューで語った。

 beetle 1

 Automakerの11月10日付の記事によると、ディエス氏はEV版Beetleは決定事項ではないが、すべての現行モデルの後継車はEVになると語った。

 「Beetleもモデルチェンジするとしたら、EV化は現行モデルよりずっと良く、歴史にも近づけることができる。EVならかつてのように後輪駆動にできるからだ」とディエス氏は語った。同社の電気自動車プラットフォーム「MEB」は、前輪駆動にも、後輪駆動にも、4輪駆動にも対応する。

 ディエス氏は9月に独フランクフルトで開催されたIAA(国際モーターショー)で、2025年には23モデルの電気自動車を提供すると語った

 同社は1月には“ワーゲンバス”の愛称で親しまれている「Type 2」の、MEB採用のEV版リバイバルモデル「I.D. BUZZ」を披露している。

 beetle 2 東京モーターショーで展示された「I.D. BUZZ」

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.