ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2017年11月16日 11時46分 公開

LINEの“誤爆”、24時間以内なら削除可能に 「送信取消」機能を12月以降に実装

LINEが、送信したメッセージを自分だけでなくトーク相手の画面からも削除できる「送信取消」機能を12月以降に提供すると発表した。

[ITmedia]

 LINEは11月16日、メッセージアプリ「LINE」で誤って送信したメッセージを、自分だけでなくトーク相手の画面からも削除できる「送信取消」機能を12月以降に提供すると発表した。取り消し対象は24時間以内に自分が送信したメッセージとする予定で、スタンプや画像ファイルなどについては未定だ。

photo メッセージアプリ「LINE」

 現在LINEでメッセージを誤って送信してしまった場合、削除を行っても操作を行った端末から削除されるのみで、同じアカウントでログインしている別の端末や、送信相手のアプリからは削除されない。同社の調査によればこうした「誤送信」「誤爆」を行ったことのあるユーザーは約85%。送信取消機能の実装は、ユーザビリティ向上を目指した機能拡充の1つとしている。

 機能提供開始時の取り消し対象は、24時間以内に自分が送信したメッセージとする予定。スタンプや画像ファイルも対象とするのか、グループトークでも同様の操作が可能かなどについては未定で、実装時に詳細を改めて発表するという。

photo 「誤爆」についての調査結果

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.