ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2017年11月16日 17時48分 公開

10代女子が選ぶ今年の流行語、3位に「ンゴ」

10代女子が「今年流行した」と思う言葉は、1位が「インスタ映え」、2位が「熱盛」、3位が「ンゴ」――こんな調査結果が発表された。

[ITmedia]

 10代女子が「今年流行した」と思う言葉は、「インスタ映え」や「ンゴ」……10代女子向け総合メディア「マイナビティーンズ」がこのほど、こんな調査結果を発表した

 2017年に流行した「コトバ」「モノ」「コト」「ヒト」について、13〜19歳の女性1006人にアンケートを取り集計した。ネット関連、特にInstagram関連のワードが多数ランクインしている。

画像 流行った「コトバ」ベスト10

 「コトバ」編の1位には、Instagramに投稿すると見栄えがするといった意味で使われる「インスタ映え」、2位には、テレビ朝日の報道番組「報道ステーション」発の語で、「熱くなるほど盛り上がっている」という意味で使われる「熱盛」が入った。

 3位は、「2ちゃんねる」(5ちゃんねる)の「なんJ」板発祥の「ンゴ」。「わろたンゴ」「泣いたンゴ」など、言葉の語尾に付けて使われているという。

 4位は「〜な説」(バラエティ番組「水曜日のダウンタウン」で使われる言葉)、5位は「オーマイゴッドファーザー」(お笑い芸人「フースーヤ」のギャグ)、6位は「BFF」(Best Friend Foreverの略)、7位は「ありよりのなし」(“あり”と思ったけどやっぱり“ない”」という意味)、8位は「良きき」(「良き」の進化形)、9位は「バブい」(「赤ちゃんみたい」という意味)、10位は「すこ」(「すごい」という意味)だった。

画像 流行った「モノ」ベスト10

 「モノ」編1位は、韓国発祥の焼き肉料理の一種「チーズタッカルビ」。「チーズが伸びる様子を動画で取るとインスタ映えする」と人気を集めた。2位は、手で回すおもちゃ「ハンドスピナー」だった。

 3位は、電球型の容器に色鮮やかなドリンクを入れた「電球ソーダ」で、インスタ映えするドリンクとして、祭りの屋台でも販売されるなど人気が広がった。

 4位には、カメラ女子の間で流行した「写ルンです」が、8位には、スマートフォンのカメラに取り付ける広角レンズ「自撮りレンズ」が、9位には、すべての例文に「うんこ」を採用した「うんこ漢字ドリル」が入っている。

画像 「コト」ベスト10

 「コト」編の1位は、韓国の9人組女性グループ「TWICE」の「TTポーズ」。親指と人差し指で(T_T)のマークを作るポーズは、「SNSにアップするとカワイイ」と人気を集めた。

 2位は、24時間で投稿が消えるInstagramの機能「ストーリー」。自分の「今」を発信する場として使われ、通常の投稿より更新頻度が高いティーンも多いという。3位には、インスタ映えする写真を撮れると話題になった「ナイトプール」が入った。

 4位以下にもネット関連ワードが多数。4位は、TwitterやInstagramで流行したハッシュタグ「#◯◯に使っていいよ」(#彼女・彼氏とデートなうに使っていいよなど)。7位には、Twitterで流行した吹き出し付きイラスト「#頭のいい人と悪い人の物の見方の違い」、10位には、AbemaTVで放送された女子高生の恋愛リアリティー番組「オオカミくんには騙されない」が入っている。

画像 「ヒト」ベスト10

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.