ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2017年11月24日 10時37分 公開

「DJI Goggles」のレーシングエディション、黒+赤革で登場 549ドル

DJIが、ドローンと無線接続してドローン視点のライブ映像を楽しめるVRヘッドセットのドローンレース用モデル「DJI Goggles Racing Edition」を549ドルで発売した。レースでの干渉を防ぐため12の伝送チャンネルが用意され、内側は赤い革張りだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 中国のドローンメーカーDJIは11月22日(現地時間)、4月に発売したVRヘッドセット「DJI Goggles」のハイエンドモデル「DJI Goggles Racing Edition(RE)」を発表した。米国での販売価格はオリジナルより100ドル高い549ドル(約6万円)。本稿執筆現在、日本ではまだ発売されていない。

 dji 1 「DJI Goggles Racing Edition」

 オリジナルのDJI Gogglesと同様に、DJIのカメラ搭載ドローンと無線接続してドローン視点の映像を見られる。白いオリジナルと異なり、マットブラックの外装で内側は赤い革張りだ。

 dji 2 内側は赤い革張り

 DJIの長距離伝送技術「OcuSync」のモジュールをサポートし、7キロ離れたドローンからの映像を50ミリ秒のレイテンシで転送する。ドローンレースでの他のドローンとの干渉を防ぐため、12の伝送チャンネルが用意されている。

 ディスプレイには飛行関連情報も表示され、ヘッドトラッキング機能でジンバル制御が可能。3種類の外付け偏波アンテナが別売で用意されている。

 dji 3

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.