ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2017年11月28日 07時41分 公開

AIで自殺ほのめかしを早期発見──Facebookが世界で開始

Facebookが、自殺ほのめかし投稿の第三者からの報告だけでなく、AIが検出した投稿にも対策チームが対処するようになる。日本を含む世界で開始する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookは11月27日(現地時間)、自殺をほのめかす投稿や「ライブ動画」(以下、まとめて「投稿」)をAI(人工知能)を使って検出して専門対策チームに報告する機能を欧州連合(EU)を除く世界で提供開始したと発表した。

 同社は2011年から自殺防止対策に取り組んでおり、問題のある投稿についての報告をFacebookの専門対策チーム(Community Operationsチーム)がレビューし、必要に応じて報告されたユーザーにアドバイスのメッセージを表示している。

 suiside 1 報告のあったユーザーに表示するメッセージ

 従来は、友達などの第三者からの報告に基づいていた。今後は、AIもパターン認識技術で自殺をほのめかす投稿を検出し、専門チームに報告する。これにより、従来より迅速に自殺の危険のあるユーザーに接触できるようになるとしている。米国では過去1カ月このAIをテストし、その間に100件以上の投稿がチームに報告されたという。

 AIがチェックするのは投稿自体だけでなく、コメントも対象だ。例えばライブ動画のコメントに「大丈夫?」「助けが必要?」などのコメントが付くとAIがそれを検出し、報告する。

 suiside 2 ライブ動画での通知

 FacebookはAIを支援対象の優先度判断にも使う。問題を報告された投稿をパターン認識でさらに解析し、緊急性の高い投稿のレビューを優先するようCommunity Operationsチームに通知する。

 また、チームメンバーが個々の投稿のどの部分が問題かを迅速に判断できるよう、例えば動画の場合はコメントが集中している部分を提示する。

 Community Operationsチームは年内に7500人以上になる見込みではあるが、この人数で世界中から寄せられた報告に対処している。

 FacebookはAI技術の正確性向上と偽陽性回避に努めていくとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.