ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2017年11月28日 13時33分 公開

寄り道テック:「声優の心臓の音が聞ける」 どうしてこうなった「サマーレッスン」の“隠し機能”

「実はキャラクターの心音まで聞けます」――VRゲーム「サマーレッスン」にはそんな“隠し機能”がある。

[ITmedia]

 「実はキャラクターの心音まで聞けます」――VR(仮想現実)空間で女の子と触れ合えるゲーム「サマーレッスン」(PlayStation VR向け)には、そんな“隠し機能”がある。PS VRを装着したプレイヤーがキャラクターにのめり込むくらいに近づくと、心臓の音が聞こえるのだ。キャラの声を担当した畑中万里江さん(@marie_mikan)によれば、声優自身の心音を録ったものという。どうしてこうなった……。

 Twitterで「サマーレッスン 心音」と検索すると、「この発想はなかった」「心音フェチには至宝」「猟奇的なこだわり」など、心音のギミックに驚く声が。畑中さんによれば、収録スタジオで走ったりジャンプしたりして速めの心音も収録しているようだ。

photo 畑中万里江さんが声を担当したキャラ「新城ちさと」(サマーレッスンの公式サイトより)

 なぜ、心音を収録したのか。バンダイナムコスタジオが公開している「開発エピソード」によれば、「レコーディングスタジオに特注品の聴音機マイクがあると聞き、『これは!』とヒラメいてしまった」(サウンドディレクターの中西哲一さん)という。

 同社の大森靖さん(執行役員)は、「サウンドはゲーム中では比較的苦労が報われづらい分野」と言及。一般家庭では音量を上げられなかったり、ゲームセンターでは周りの音にかき消されたり、スマートフォンでは消音でプレイされたり――。周辺環境にかかわらず没入して楽しめるVRでは「サウンドが頑張った分、リアリティーを底上げし、プレイヤーがその恩恵を文字通り肌で感じられる」(大森さん)。

 9月の「東京ゲームショウ2017」では、「視覚」以外に「聴覚」「触覚」の要素をプラスし、没入感を高めたVRコンテンツの出展が目立った。サマーレッスンの心音ギミックは、既存のプラットフォームでVRの可能性を分かりやすく取り入れた機能かもしれない。

photo サマーレッスンの公式サイトより

寄り道テック

IT・ネットの最新事情を日々追いかけている編集部が少しだけ“寄り道”。記者がいま気になっているテクノロジーのあれやこれやを独断で紹介します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.