ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2017年11月29日 18時00分 公開

2017国際ロボット展:「仏像ロボット」、国際ロボット展で異彩を放つ

国際ロボット展で、仏像ロボ「黒子ロボット」が展示されている。

[太田智美,ITmedia]

 東京ビッグサイトで開催中の「2017国際ロボット展」(11月29日〜12月2日)で、仏像ロボ「黒子ロボット」が異彩を放っている。カクカクぬるぬると動き、前に立つと何かまじないをかけられた気分になる。出展は、サーボモーターやリニアモーターの制御を得意とする部品メーカーのマッスル(大阪市中央区)。


2017国際ロボット展 黒子ロボット

 同社の製品「EtherCATクールマッスルブリッジ」と「クールマッスル(CM1)」を4つ搭載した、3つのモジュールで動くロボット。モーター自体が通信し合うことで3つのモジュールが連動し、このような動きを実現している。

 クールマッスルは、ドライバーやコントローラーなど、モーター制御に必要な機能を全て内蔵した「一体型ACサーボシステム」。これを、EtherCATクールマッスルブリッジによって、EtherCATネットワークに適応・接続している。


2017国際ロボット展 別角度

 黒子ロボットはプログラムなしに、人が直接動かすことでその軌跡を保存できる。それにより、例えば文楽などで国宝級の人形師がティーチングを行い、動きを保存・再現することが可能になるという。

太田智美

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.