ITmedia NEWS > STUDIO >
連載
» 2017年11月30日 17時27分 公開

Googleさん:「Pixel 2」のためにとっておいたお金で「Chromebook Flip C101」を買いました

Googleさんが「Pixel 2」を日本で発売してくれないので、そのためにとっておいたお金でAndroidアプリも使えるASUSのChromebook「Flip C101」を買いました。安いし軽いし、結構便利です。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 Google関連の話題をゆるくご紹介する連載コラム「Googleさん」。今回は「Chromebook」の話です。

 chrome 1 Chromebookとは

 秋に買うつもりだったGoogleオリジナルスマートフォン「Pixel 2」が日本で発売されないので、そのためにとっておいたお金でChromebookを1台買いました。Pixel 2は日本で販売されるとしたら恐らく7万円以上しますが、Chromebookなら2万円台からあります。

 Chromebook、マイナーですが、私にとっては2台目です。1台目は2014年11月にAmazonで3万2130円で購入したAcerの「C720」。メインで使っているPCはノートとはいえ2キロ以上あるので、外出用に買いました。カフェで仕事したり、ごくたまに取材があるときに使ったりで大活躍してくれましたが、トラックパッドでのクリックがちゃんとできなくなってきたので、そろそろ引退してもらうことに。

 Chromebookの私にとっての一番のメリットは起動の速さ。メインで使っているPCのChromeブラウザで表示した記事の続きをChromebookで読む、ということをよくやるので、起動の速さは重要なのです。スリープ状態ならどこかをタップすればすぐ復帰するので、Chromeブラウザで[Ctrl]+[H]で履歴から開いているページを選べばいいのです(Windows 10の次のアップデートで同じような機能「Timeline」が使えるようになるはずではあります)。

 それに、Chromebookは買ってきて電源を入れたら、いつも使っているGoogleアカウントでログインするだけで、メール(Gmail)もWebブラウザ(Chrome)も、いつもの設定で使えます。いろいろ設定しなくてすむので楽ちんです。

 以前より外出しなければならない用事が増えたこともあり、1キロ切るものにしようと考えてASUSの「Flip C101」に決めました。Amazonで4万2670円。C720よりは高いですが、Pixel 2のために用意したお金でおつりがきます。

 chrome 2 お世話になったC720(左)とはじめましての「Flip C101」

 Flip C101の一番の魅力はその軽さです。公称約900グラムですが、実際に測ってみたところ、895グラムでした。

 chrome 3 実際に測ったら895グラムでした

 そして、C720との大きな違いは、タッチ対応であることと、Androidアプリが使えること。ちょうどいいタイミングでMicrosoft OfficeのAndroidアプリも使えるようになりました

 chrome 4 さっそくAndroid版Wordをインストール

 正直、WordもExcelもPowerPointもあまり使っていないので、Webアプリ版とAndroidアプリ版の違いもよく分かっていませんが、ちょっと得した気分です。なにしろ、Flip C101はディスプレイサイズが10.1インチなので、Microsoftの「10.1インチ以下の端末であればOffice 365に加入してなくても使わせてあげる」に該当するのです。

 ディスプレイが10.1インチというのは、狭いことは狭いです。解像度を1366×768ピクセルで使うと、初期設定のままでは文字サイズが小さくてかなりキツイ。

 そこで、Chromeブラウザの設定で文字サイズを「極大」にしてみました。

 chrome 5

 これならメイン端末と同じくらいの感覚です。1度に表示できる範囲は狭いですが、ネット上の記事を読むくらいならほとんど支障ありません。

 chrome 6

 入力についても、画面は狭くてもキーピッチはメインPCとあまり変わらないので問題ありません。

 意外と良かったのはFlipしてタブレットにした状態でのAmazon Kindle読書。iPadもKindle端末も持っているので、Flip C101をわざわざタブレットとして使うつもりはなかったのですが、Androidアプリをインストールして、外出先でふと思いついてやってみたら快適。

 chrome 7 タブレット状態でKindleを読む

 ノートPC状態で記事を書いて、気分転換にタブレット状態にしてKindleで読書できます。バッテリー持続時間は9時間なので、1日外ですごせそうです。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.