ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2017年12月06日 16時06分 公開

「SNSでいじめ相談」普及へ――「SNSカウンセリング協議会」LINEなど設立

「全国SNSカウンセリング協議会」をLINEなどが設立。いじめなどに関する若者からの相談をSNSで受け付ける「SNSカウンセリング」の質向上・普及を目指す。

[ITmedia]

 LINEとトランスコスモスは12月6日、いじめなどに関する若者からの相談をSNSで受け付ける「SNSカウンセリング」の質の向上や普及などを目指した新組織「全国SNSカウンセリング協議会」を共同で設立したと発表した。

 既存の相談窓口の多くは電話だが、現代の若者は電話よりSNSを活用しており、若者と相談窓口がミスマッチだった。LINEは今年、滋賀県大津市や長野県と、LINEを使ったいじめ防止対策などに関する連携協定を締結。トランスコスモスもこれらの事業に参画し、システムの提供や数値解析などを行っている。

 協議会では、SNS関連事業者や電話相談事業者、カウンセラー、研究機関、教員らが幅広く連携し、SNSカウンセリングの手法の開発や研究、相談員のスキル向上の研修、高品質なSNS相談の普及などを目的に活動する。

 代表理事は、LINEの江口清貴氏とトランスコスモスの三川剛氏。設立発起人として、東京大学大学院の宍戸常寿教授や京都大学の杉原保史教授などが名を連ねている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.