ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2017年12月08日 12時37分 公開

1歩につき1円積み立て 歩行支援ロボットの「ウォークファンディング」プロジェクト始動

医療機器メーカーのUSCIジャパンは、歩行支援ロボット「FREE Walk」で1歩歩行するごとに1円のファンディングが積み上げられる「ウォークファンディング」プロジェクトを発表した。

[太田智美,ITmedia]

 医療機器メーカーのUSCIジャパンは12月8日、歩行支援ロボット「FREE Walk」で1歩歩くごとに1円が集まる「ウォークファンディング」プロジェクトを発表した。「FREE Walk」を用いて歩行すると、USCIジャパンがファンディングを実施。脊髄損傷を持つ人の生活・医療介護などの環境改善・向上に役立てる目的で使用される。2020年までに1000万円(=1000万歩)集めるのが目標。


FREE Walk

 「FREE Walk」は、台湾の工業技術研究院の技術を基に作られた歩行支援ロボット。同社では17年6月に発売され、「FREE Walkによって再び立って歩いてほしい」「脊髄損傷を持つ人により良い社会環境を作りたい」との思いからスタートしたプロジェクトだという。

 その第一歩として、FREE Walkを装着して立つ・歩くを体験するイベントも開催される。

イベント開催期間

大阪  12月15〜16日

神戸  12月17日

名古屋 12月20日

東京  12月22〜24日


太田智美

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.