ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2017年12月11日 15時14分 公開

PFN、ファナックや日立製作所らから合計20億円超の資金調達

Preferred Networksは、ファナック、博報堂DYホールディングス、日立製作所、みずほ銀行、三井物産の5社からの資金調達を発表した。

[太田智美,ITmedia]

 Preferred Networksは12月11日、ファナック、博報堂DYホールディングス、日立製作所、みずほ銀行、三井物産の5社から合計20億円を超える資金を調達したと発表した。今回新たに出資したのはファナックを除く4社。それぞれ約5億円ずつ引き受けることで合意した。2015年6月に協業を開始し、同8月に資本提携をしたファナックは、約5億円分の株式を追加取得することで合意。


Preferred Networks

 今回の資金調達は、財務基盤の強化、計算環境の拡充、人材確保、中長期的な発展を見据えた出資各社との協業を実現するためのもの。今後は、交通システム、製造業、バイオ・ヘルスケア分野など、より幅広い分野に取り組み企業価値の向上を目指すという。

 同社は「今回の増資で今年8月から続いた一連の資金調達を完了する」とコメントしている。

太田智美

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.