ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2017年12月13日 11時44分 公開

「ゆうパック」ロボットが宅配 日本郵便、ローソンなど実証実験

ZMP、日本郵便、ローソンなどが、自動走行する宅配ロボットの実証実験を福島県南相馬市で行う。

[ITmedia]

 ロボットベンチャーのZMP(東京都文京区)、日本郵便、ローソンなどは12月12日、自動走行する宅配ロボットの実証実験を、福島県南相馬市で21日に行うと発表した。郵便局、コンビニ、住宅に見立てた拠点間をロボットが走り、ゆうパックや日用品などを運ぶ。「ユーザーのニーズを把握し、サービス提供へ向けた開発を加速する」(ZMP)という。

photo 宅配ロボット「CarriRo Delivery」

 ZMPが開発する宅配ロボット「CarriRo Delivery」(キャリロデリバリー)を使う。搭載するレーザーセンサーとカメラで周囲を360度認識しながら最大時速6キロで自走し、荷物を運ぶ。人間による遠隔監視や遠隔操作も可能。

 実証実験は、南相馬スポーツセンター内トリムコースで行う。結果を踏まえ「配送ロボットを活用し、ユーザーが注文したローソン商品と郵便物を一緒に配送する仕組みの構築を検討する」(ローソン)。実証実験の取りまとめは、東北日立が担当する。

photo 郵便局、コンビニ、住宅に見立てた拠点間をロボットが走る

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.