ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2017年12月13日 16時05分 公開

日本初の月面着陸、20年末に実現へ 宇宙ベンチャー「ispace」が計画

宇宙ベンチャーのispaceは、独自に開発する月着陸船を2020年末ごろに着陸させ、月面探査する計画だ。

[ITmedia]

 宇宙ベンチャーのispace(東京都港区)は12月13日、独自に開発する月着陸船を2020年末ごろに着陸させ、月面探査する計画を発表した。産業革新機構、日本政策投資銀行などから101億5000万円を調達する。「日本初、民間開発の月着陸船による月探査ミッションにご期待ください」(ispace)としている。

photo ispaceが開発するランダーのコンセプトモデルイメージ

 19年末に月周回軌道へ投入し、軌道上から探査。得られたデータや経験を基に、別の着陸船を開発し、20年末ごろに月面に軟着陸させるという。2回目の月着陸船には小型の月面探査ローバーを2台搭載する他、空きスペースを活用し、各国の研究機関や民間企業などに向け、月への物資輸送サービスを提供する考え。撮影した月面上の画像、放射線量や月資源などのデータを提供するサービスも予定している。

photo 月周回のイメージ
photo 月面着陸のイメージ

 ispaceは、人類の月への移住に「水」資源が必要だとし、今回のミッションが(1)月で水資源を確保するインフラ構築をするための物資輸送、(2)資源を含めた月面探査の技術確立の出発点になるとしている。月面への着陸はこれまで米国、ロシア、中国が実現したが、日本の成功例はない。

 同社は、ロボット月面探査レース「Google Lunar X PRIZE」に日本で唯一参加するチーム「HAKUTO」も運営している。17年末にもインド宇宙研究期間(ISRO)のロケットで、月面探査ローバーを月へと送り込む計画だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.