ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2017年12月21日 11時04分 公開

Twitter、フォロー相手の「いいね」表示減らせる新機能

フォローしている相手が「いいね」したツイートがタイムラインに表示される回数を減らせる新機能をTwitterが実装している。

[ITmedia]

 Twitter Japanは12月20日、フォローしている相手が「いいね」を押したツイートが、タイムラインに表示される回数を減らせる新機能を発表した。iOS、Androidアプリ版への実装を始めており、Web版にも今後実装する予定だ。

画像

 フォロー相手がいいねしたツイートがタイムラインに流れてきた際、ツイートの右上をタップし、「ツイートに興味がない」を選ぶと、「○○さん(フォロー相手)のいいねの表示を減らす」「○○さん(いいねされたツイートの投稿者)のツイートの表示を減らす」というメニューが表示されるようになった。

 Twitterのタイムラインには、フォロー相手のツイートやリツイート(RT)に加え、「いいね」したツイートの一部が表示される仕様になっている。「いいね」がTLに流れるようになった2014年以降、一部のユーザーから、「いいねは自分のメモ用で、フォロワーに見せたいわけではないので、フォロワーのタイムラインに流さないでほしい」という意見が出ていた。

 今回、フォロー相手の「いいね」を手動で減らせる新機能が実装されたが、この機能を告知したTwitter Japanのツイートには、「表示を減らすのではなく、いいねの表示自体をやめほしい」「見る側ではなく、見られる側にコントロールさせてほしい」といった意見が多数寄せられている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.