ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年01月12日 16時15分 公開

トラックの隊列走行、高速道路で実験 2022年に“無人”で商業化へ

新東名高速道路で、トラックを隊列走行させる実証実験が始まる。まず有人トラックでスタートし、将来は無人化する考え。

[ITmedia]

 国土交通省と経済産業省は1月12日、高速道路上でトラックを隊列走行させる実証実験を23日から行うと発表した。有人のトラックが隊列走行した場合、周辺車両からどのように認識されるかなど影響を検証。結果を踏まえ、無人トラックによる実験を始め、早ければ22年に商業化する計画だ。

photo 実験車両の外観

 日本国内のトラックメーカー4社が協力し、静岡県の新東名高速道路浜松サービスエリアから遠州森町パーキングエリア間で行う。先行するトラックの制御情報を後続車が受信し、加速や減速を自動で行い、車間距離を一定に保つ機能(CACC)を使う。長距離走行するドライバーの疲労軽減が期待できるという。

photo CACCの仕組み

 トラックドライバーの高齢化が進み、人材確保が難しくなる中、隊列走行による省力化は注目を集めている。国交省は、車間距離が短くなることで空気抵抗が減少し、燃費が改善する効果も見込めるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.