ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2018年01月18日 12時17分 公開

富士通、社内で「手のひら静脈認証」本格活用 仮想デスクトップのログインを「パスワード認証」から切り替え

富士通は2018年から手のひら静脈認証の大規模な社内活用をしていくと発表した。

[太田智美,ITmedia]

 富士通は1月18日、手のひら静脈認証の大規模な社内活用を順次始めると発表した。国内約8万人の従業員を対象に、仮想デスクトップへのログインを「パスワード認証」から「手のひら静脈認証」に切り替えていくという。


富士通「手のひら静脈認証」 仮想デスクトップへのログイン認証

 認証装置は、富士通フロンテックの「FUJITSU 生体認証 PalmSecure」(パームセキュア)。これをPC端末に内蔵(または外付け)し、富士通のクラウドサービス「FUJITSU Cloud Service K5」上にシステム構築するとしている。

 認証・管理基盤としては、「FUJITSU Security Solution 本人認証基盤 AuthConductor Server」(オースコンダクターサーバ)を用いる。あらかじめ登録した従業員の手のひら静脈のデータとPalmSecureで読み取ったデータを照合し、富士通研究所の画像補正技術により、登録済みの手のひら静脈データの中から個人のデータを瞬時に照合するという。

 同技術は、仮想デスクトップへのログイン以外にも、2拠点の事業所(富士通ソリューションスクエア、東海支社)内に設置している入退場ゲートの認証にも活用。各事業所で働く従業員約5200人を対象に、「従業員カード」から「手のひら静脈」認証に変更する実証実験を約1年間行う。結果を踏まえ、他事業所のゲートや扉の認証に拡大を検討する予定。複製が困難な手のひら静脈を認証に活用することで、セキュリティ強化にもつなげる狙いだ。


富士通「手のひら静脈認証」 入退場ゲートでの認証

 今後は、仮想デスクトップや入退場ゲートへの認証だけでなく、さまざまな業務アプリケーションへの導入を目指す。「社内で実践することで、当社が推進するテレワークなどの環境を整えるだけでなく、そこでのノウハウをもとに手のひら静脈認証ソリューションの拡大を図っていきたい」(富士通)。

太田智美

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.