ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2018年01月22日 09時15分 公開

Microsoft、AMDマシン向けの更新プログラム配信を再開

不具合が発覚して一時的に停止していた、一部AMDマシン向けのWindows更新プログラム配信を再開した。

[鈴木聖子,ITmedia]

 主要プロセッサに「Meltdown」「Spectre」と呼ばれる脆弱性が発覚した問題で、米Microsoftは1月19日、AMD製プロセッサを搭載したWindows向けのセキュリティ更新プログラム配信を再開したと発表した。

 AMDのプロセッサを搭載した一部の端末では、この脆弱性に対処するWindowsのセキュリティ更新プログラムをインストールした後に、起動できなくなったという報告が相次ぎ、Microsoftは影響を受けるマシンに向けたWindows更新プログラムの配信を一時的に停止していた

 その後、AMDと連携して問題の解決に当たり、1月18日から配信を再開したとしている。AMDによれば、同社のプロセッサは今回の脆弱性のうち、Spectreと呼ばれる2件の脆弱性の影響を受ける。一方、Meltdownの脆弱性についてはAMDのプロセッサは影響を受けないと説明している。

関連キーワード

AMD | 脆弱性 | Microsoft | セキュリティ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.