ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2018年01月26日 11時31分 公開

17年の雑誌市場、初の2ケタ減 深刻化する出版不況

17年の出版市場は、紙市場が6.9%減の1兆3701億円に落ち込んだ。電子出版は伸びたが紙の落ち込みを補い切れず、市場全体では4.2%減となった。

[ITmedia]
画像 ニュースリリースより

 全国出版協会が1月25日に発表した2017年の出版市場は、紙市場が前年比6.9%減の1兆3701億円に落ち込んだ。紙市場のマイナスは13年連続。電子出版市場は16.0%増の2215億円に伸びたが紙の落ち込みを補い切れず、市場全体では4.2%減となった。

 紙市場の内訳は、書籍が3.0%減の7152億円、雑誌が10.8%減の6548億円。雑誌の2ケタ減は初。

 書籍は伸び悩んだが、文芸書や学参、教養新書などは前年を上回る売れ行きで、児童書も前年並みをキープした。『漫画 君たちはどう生きるか』(マガジンハウス)、『九十歳。何がめでたい』(小学館)、『うんこ漢字ドリル』シリーズ(文響社)など話題書も多数あった。

 雑誌は、月刊誌(ムック、コミックス含む)が11.1%減、週刊誌が9.2%減だった。定期誌はほとんどのジャンルがマイナスで、付録付き女性誌やアイドル・タレントの登場号など単号で売れる傾向が強まっている。

 コミックスは人気作品の完結や映像化作品の不振、新規ヒット不足、電子コミックへの移行などから低迷した。映像化作品では、テレビアニメ化された『僕のヒーローアカデミア』(集英社)が、年間を通して既刊がよく売れた。

 電子出版市場は、電子コミックが17.2%増の1711億円、電子書籍(文字もの)が12.4%増の290億円、電子雑誌が12.0%増の214億円となった。

 電子コミックの伸び率は縮小。値引きキャンペーンや無料試し読みなどを各社がこぞって行っており、「飽和状態」にあるほか、違法海賊版サイトの問題が表出したと指摘している。電子書籍は、紙書籍のベストセラーが電子版でも売れる傾向にあるという。電子雑誌はNTTドコモの定額制雑誌読み放題「dマガジン」の会員数減少に伴い伸び率が鈍化した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.